2006.01.11(水) 晴 最高室温:22.3℃ 最低室温:18.4℃
■パラレリがマット産み
 写真では分かりづらいと思うが、本日、11/15 セットの壁面にて、マット中に産卵された卵を1つ確認した。

 パラレリは材産みの種とされており、我が家でもこれ迄は100% 材に産卵していたので、これを見つけた時は驚いた。他にも温室内のムシモンセットでも産卵を確認できたが(ムシモン飼育観察ノート2006.01.11参照)、こちらは常温管理である。この事から、パラレリは秋〜冬であっても、室温が20℃程度あれば産卵するのに対し、ムシモンは、もうちょっと高い温度でないと産卵しない(常温管理のムシモンセットでは、まだ産卵を確認できていない)可能性があるのかも知れない。引き続き様子を見守り、両種の秋〜冬季の産卵条件を見極めて行きたいと思う。

 こうしてパラレリがマットに直接産卵したのは、恐らくマットのせいだろうと思う。
 ムシモンの所でも書いたが、昨年8月末より、埋め込みマットをフジコン・マルチブリードフレークから同社のドルクスフレークという、より醗酵が進み、粒度も細かい物へ変更したのだ。パラレリ同様に材産みとされる、クルビデンスオオクワガタもこのマットを使った所、マットに産卵したので、このマットには材産みメインの種であっても、マットに産ませてしまう力があると言えそうである。
 もし、これでパラレリが材の場合とほぼ同数の産卵をマットにしてくれるようになれば、マットオンリーでのブリードが可能になり(少なくとも、材に気を使う必要がなくなるだろう)、割出し作業もかなり楽になりそうだ。さすがにそこ迄は無理としても、産卵場所が増える事で、産卵数の増加は期待できるであろう。

チェコ産INDEXへ