2006.10.15(日) 晴 最高室温:26.7℃ 最低室温:24.5℃
■F4幼虫回収
 昨年11月15日に組んだセットを、うっかりすっかり忘れていたのに本日気付き、割出してみた。同じく本日割出した昨年10月14日セットのイタリア産とは異なり、こちらは単に忘れていただけである。飼育種/飼育数の増加と共に、どうも管理の杜撰さが目立つようになってきてしまった。フルボツカー産はもう一つ、今年2月に組んだセットもあるが、こちらも未だ割出していない。棚の奥の方に置き、日頃目につかなかったのがいけなかった。以後気をつけるとしよう。

 イタリア産の例からすると、こちらも既にF4成虫が中に潜んでいるものと思われる。このセットではマット中への産卵が確認されているので、とりあえず外からマット内の様子を見てみるが、食痕や蛹室のようなものは見受けられなかった。マットをかき出して検分してみたが、成虫はおろか、幼虫も得られず。材には幼虫がマットから出入りした様子は見られなかったので、どうやら落ちてしまったか、成虫を抜き出す前に捕食されてしまったようだ。

 さて、材の状況は写真左の通りで、小さな齧り跡の他に、大きな産卵坑が幾つか穿たれており、中々に期待できそうな状況である。しかし割ってみると、内部はイタリア産のように食痕だらけとはなっておらず、全体として、まだまだ木質部が残っており、食痕が幾条か走っているだけという状態であった。セット日に1ヶ月の遅れがあるとは言え、イタリア産とは全く異なる状況に驚いた。
 理由を考えてみると、まず材がイタリア産に用いたものより固目である事があげられそうである。固い分、幼虫が食べるペースが遅くなっているのではなかろうか? また、結局材の中からは3齢幼虫2匹を回収するに留まっているので、どうも元々そんなに多くの卵を産んでいなかったように思われる。結局この材は♀成虫の好みにあわなかったということであろう。
 もう一つのセットも近々割出すつもりであるが、こちらの結果次第では、今一度F3成虫を使ってセットを組む必要が出てきそうだ。