左:チェコ産 右:フランス産
フランス産と比べ、このチェコ産の個体の内歯は、より鋭角に、大顎に沿うような形で突き出している。
チェコ語はさっぱり分からなかったのですが、読者の方より、「ロハーチェック コズリーク」と読むと御教示頂きました。
また、単語の意味は、"Rohacek" が「クワガタ(ユーロミヤマ)」で、"Kozlik" は「小さな雄山羊」とのことで、直訳すると「小さな雄山羊のようなクワガタ」となるようです。この言葉もヨーロッパ諸国で使われている、「ユーロミヤマと比べて小さいクワガタ」つまり「コクワガタ」的なニュアンスの表現の一つと言えるでしょう。

チェコのユーロオオクワは原名亜種であると思われます。左の写真はフルボッカ産(正しくは「フルボツカー」との事ですので、以下訂正します)の累代個体ですが、♂の内歯が大顎に対してより鋭角に、大顎に沿うような形で突き出しています。D.hopei 種の大歯型のような雰囲気ですが、これは恐らく地域変異というよりは、幼虫時代に摂取したエサの質や気温等の環境的な要因によるものではないかと思われます。


<チェコ産ユーロオオクワ関連サイト>

www.Insect.cz(チェコ語/英語/日本語)
brouk wz.cz(チェコ語)


入 手 履 歴 産 地 累代 入手数 死亡数 生存数
2004.12.24 チェコ・フルボツカー産3齢幼虫×4匹購入
2005.02.27 1♂羽化
2005.03.14 1♀羽化
2005.03.15 1♀羽化
2005.04.30 1♀羽化

2005.05.10 1♀死亡
2005.05.30 フルボツカー産F3幼虫×16匹回収
2005.06.02 フルボツカー産F3幼虫×1回収

2005.07.24 フルボツカー産F3幼虫×1死亡確認
2005.08.12 フルボッカ産F3×1♀羽化
2005.08.16 フルボツカー産F3×1♀羽化
2005.08.29 フルボツカー産F3×1♀羽化
2005.09.15 フルボツカー産F3×1♀羽化

2005.09.21 フルボツカー産F3幼虫×1死亡確認
2005.10.04 フルボツカー産F3幼虫×4死亡確認

2005.10.06 フルボツカー産F3×1♂羽化
2005.10.11 フルボツカー産F3×1♂羽化
2005.10.16 フルボツカー産F3×1♀羽化確認

2006.01.10 フルボツカー産F3×1♀死亡確認
2006.09.10 フルボツカー産F3幼虫×4死亡確認

2006.10.15 フルボツカー産F4幼虫×2回収
フルボツカー産 F2 1♂
3♀
0♂
1♀
1♂
2♀
F3 2♂
5♀
0♂
1♀
10
2♂
4♀
F4
001 チェコ産ユーロオオクワ幼虫 2004.12.24
002 前蛹 2005.02.08
003 蛹化! 2005.02.10
004 性別確認 2005.02.11
005 続々蛹化 2005.02.24
006 羽化間近 2005.02.26
007 羽化! 2005.02.27
008 1♂完成 2005.03.11
009 2匹目羽化! 2005.03.14
010 3匹目羽化! 2005.03.15
011 2♀♀確認 2005.03.16
012 ようやっと蛹化・・・しかし♀ 2005.04.11
013 4匹目羽化! 2005.04.30
014 4匹目固まる 2005.05.07
015 1♀死亡 2005.05.10
016 幼虫回収 2005.05.30
017 産卵木セット 2005.05.31
018 幼虫1匹追加 2005.06.02
019 幼虫エサ交換&一匹死亡確認 2005.07.24
020 続幼虫エサ交換&前蛹発見 2005.07.27
021 1♀蛹化! 2005.08.01
021 最短羽化記録更新 2005.08.12
022 蛹化不全続出 2005.10.04
023 死んでいなかった 2005.10.16
024 F3産卵セット1 2005.11.15
025 パラレリがマット産み 2006.01.11
026 F3産卵セット2 2006.02.05
027 エサ皿カジカジ 2006.03.13
028 F4幼虫回収 2006.10.15