ドイツではユーロオオクワを"Balkenschroeter" (バルケンシュレーター)と呼んでいます。
"Schroeter" はユーロミヤマのことで、"Balken" は角材や天秤棒等の棒状のものを指す言葉で、転じて梁や桁という意味もあります。
従って、バルケンシュレーターの解釈としては、

1.「棒状の大顎を持ったクワガタ」
 ユーロミヤマに比べ、シンプルな形状の大顎を持った本種の特徴を捕らえたか?

2.「材木に住むクワガタ」
 羽化した成虫が梁や桁から出てきたことに因んだものか?

のいずれかではないかと推察されます。

ドイツ語ではクワガタのことを"Hirschkaefer" (ヒルシュケーファー)とも言い、こちらを用いたユーロオオクワの呼び方として、"Zwerghirschkaefer" (ツヴェルクヒルシュケーファー)があります。"Zwerg" には、「小さい」「小人」等の意味がありますので、こちらの場合は「コクワガタ」「コビトクワガタ」といった意味合いになります。


<ドイツ産ユーロオオクワ関連サイト>

Waldschutz, Forstentomologie und angewandte forstliche Phytopathologie(ドイツ語)
Ingrids Homepage(ドイツ語)
Koleopterologie.de(ドイツ語)
Natur- und Foto-Kunst(ドイツ語)
Mummy's homepage(英語)