デンマークではユーロオオクワを"Boeghjort" と呼んでいるようです。"Boeg" は「ブナ」、"Hjort"は「鹿」を意味し、全体で「ブナに棲む鹿」となります。

"Boeghjort" をキーワードに(実際は"oe" の部分はOに斜線の入ったデンマーク独自のアルファベットです)ネット上で調べてみますと、デンマークにおいて、ユーロオオクワはレッドリスト入りしているようです。
デンマークの国立環境研究所による"The Denish Red Data Book" によれば、レッドリスト分類は準絶滅危惧種(NT)で、現状では差し迫った危機はないものの、近い将来、VU(絶滅危惧II類)やEN(絶滅危惧IB類)、CR(絶滅危惧IA類)といった、より危機的なカテゴリーに移行する可能性が危惧されるとのことです。
各カテゴリーが示す内容については、上記サイト内に英文での解説がありますが、環境省の絶滅危惧種情報(http://www.biodic.go.jp/rdb/rdb_top.html)に日本語の解説が掲載されていますので、参照して下さい。


左の写真はデンマーク産♂の標本です。ラベルには、「D.parallelopipedus Denmark Ryegaard Forest 04.1998」とあります。何と発音するのか良く分かりませんが、Ryegaard Forest という所で採集された個体のようです。
フランス産の個体と比べると、内歯がやや細長い印象を受けますが、これといった違いは無いようです。


<デンマーク産ユーロオオクワ関連サイト>

BioPix(デンマーク語/英語)


入 手 履 歴 産 地 累代 入手数 死亡数 生存数
2005.01.25 デンマーク Ryegaard Forest産標本1♂購入 デンマーク産 WD 1♂
0♀
0♂
0♀
0♂
0♀