アルジェリアの公用語はアラビア語やベルベル語ですが、かつてフランスの植民地であった名残りで、今でもフランス語がアルジェリア人の間で多用されているそうです。従って、ユーロオオクワもフランス風に、"Petite biche"、"Petit cerv volant" と呼ばれているのではないかと思います。しかし、アラビア語やベルベル語にもユーロオオクワを指す言葉がある筈で、これらの言語で何と呼んでいるのか知りたい所です。

左図はアルジェリア産♂を模写したものですが、前胸背板の形状は、イタリア中部以南に分布する亜種、Dorcus parallelipipedus truquii では側縁から前角に向かう部分の傾斜がなだらかになっていますが、この個体では途中から急に傾いており、原名亜種のそれにより近い形状となっています。

一方、相違点としては、体表の光沢と大顎形状が挙げられます。この個体に関して言えば、頭部や胸部の光沢が原名亜種やイタリア亜種と比べてより強く、ムシモンオオクワガタ Dorcus musimon のそれに近い雰囲気となっております。そして大顎は、原名亜種では小型の個体であっても、内歯は大顎下面の突起よりも前方に現れますが、この個体では両者の位置がほぼ重なってしまっています。また、体型も原名亜種やイタリア亜種よりも細目であるように見受けられます。

僅か一個体を見ただけですので、こうした特徴がアルジェリア産の個体群に特有のものであるか断定することは出来ませんが、地理的、環境的な要因からして、イタリア中部以南が亜種として分化しているのであれば、北アフリカの個体群も亜種分化していて然るべきであると思われます。北アフリカ産ユーロオオクワに関する資料を現時点では殆ど入手できていないのですが、実際にどのような扱いになっているのか 、今後も調べを進めていきたいと考えています。


<アルジェリア産ユーロオオクワ関連サイト>

アルジェリア産ユーロオクワ♂
前胸背板の形状。
左:イタリア亜種 Dorcus parallelipipedus truquii
右:原名亜種 Dorcus parallelipipedus parallelipipedus