スペインではユーロオオクワを"Pequeno ciervo volante" 又は、"Ciervo volante menor" と呼んでいます。
"Ciervo volante" はクワガタ(ユーロミヤマ)のことで、"Pequeno" 及び、"menor" は「小さい」という意味ですので、全体で、「小さなクワガタ=コクワガタ」という意味の言葉です。
フランス語の"Petit cerf volant" や、イタリア語の"Cervo volante minore" と良く似た語句であるのは、スペイン語が同じラテン語系統の言葉であるためです。

左の写真は、ロシアの標本商にDorcus caucasicus を発注した際、オマケで付けてくれたスペイン産の♀です。
ラベルには「Spain, Madrid prov., Tres Cantos arroyo de Tejada, 29.08.02」とあり、マドリード県(州?)のTres Cantos という所で採集された個体のようです。
体表はフランス産等と同様にややマット調の体色です。ただ、フランス産と比べ、点刻列がやや明瞭に現れているように思いますが、トルコやシリア産程ではなく、また、点刻列の間隔も広いです。また、前胸背板側縁も若干丸みを帯びるような気がしないでもないです。こうした特徴が単なる個体差であるのか、マドリード周辺にこうした特徴を有する一群が存在しているのかは、わずか1標本を見ただけでは分かりませんが、一応、スペインのユーロオオクワは原名亜種ということになっているようです。

分布は、ほぼスペイン全土に及び、どの地方でも良くみかける普通種であるようです。イベリア半島に生息するクワガタムシ類の調査を行っているGTLI(Grupo de Trabajo sobre Lucanidae Ibericos = Working Group on Iberian Lucanidae)のサイト http://entomologia.rediris.es/gtli/index.htm にて、詳細な分布図を見ることが出来ます。


<スペイン産ユーロオオクワ関連サイト>

S.G.H.N.(スペイン語/英語)
Miliarium.com(スペイン語)


入 手 履 歴 産 地 累代 入手数 死亡数 生存数
2004.12.17 スペイン・マドリード県産標本1♀入手 スペイン産 WD 0♂
1♀
0♂
0♀
0♂
0♀