2006.09.13(水) 雨 最高室温:23.5℃ 最低室温:21.5℃
■ブローニュの森産ユーロオオクワ
 フランスはパリ郊外のブローニュの森産のパラレリWD1♂2♀♀を、御好意により入手する事が出来た。
 パラレリのような外国産の、しかもマイナー小型種において、採集された「森」というかなりピンポイントな所迄分かっている個体を入手するのは非常に困難である。我が家では既に8ヶ国14産地のパラレリを飼育しているが、産地に関しては国名しか分からないものもあるし、分かってもせいぜい都市名や地方名(日本で言えば県名程度)迄である。例えば、フランスのパリ周辺の産地としては、パリ産、パリ近郊の森産の2つの産地を既に飼育している。この2産地は、表現が違うだけで実は出所は一緒という可能性(特に、パリ近郊の森というのはブローニュの森である可能性が高い気がする)があるが、売り主/譲り主の所でこれ以上の詳細は分からないとなれば、一応別産地として扱わざるを得ないし、また、累代物となれば、本当に元親の産地がそこであるのか、厳密には確かめようが無い場合が殆どである。その点この個体は、「いつ、どこで、だれが、どのように」採集したかが明確であり、正真正銘のフランス産パラレリと言えよう。
 このような素晴らしい個体を譲って下さった御好意に改めて感謝すると共に、彼等の故郷のブローニュの森に思いを馳せつつ、飼育観察に励みたいと思う次第である。

 さて、♂は25mm程度、♀は20mm台前半のいかにもパラレリらしいサイズの個体である。30mmオーバーの大きな個体も良いが、「パラレリらしい」のはこれ位のサイズだと思う。
 とりあえず産卵セットを組む迄の間、3匹纏めてスタックミニにて管理することとした。容器に入れた途端、モソモソとマットの中に潜って行ったが、最近は殆ど累代物の成虫しか扱っていなかったせいか、この坑道がちょっと新鮮に思えた。と、いうのも、累代物の成虫は、スグにはマットに潜らず、暫く地表をウロウロしている事が多いのである。単にこうした人工的な環境に慣れているせいなのかも知れないが、こうした素早く身を隠す仕種を見ると、「やっぱ天然物は違うな!」と思わずにはいられない。

 ♀は天然物故、既に腹の中に卵を持っている可能性が大である。セットに投入すれば速攻で産んでくれそうであるが、天然物故、体内時計がしっかりしていて、この時期には産まないという可能性も懸念される。日本のコクワあたりだと、この時期に採集した♀であっても普通に産卵に及ぶが、果たしてフランスのパラレリはどうであろうか? まずはこの点を確かめてみたいと思う。