2005.02.03(木) 
■パリ産ユーロオオクワ

 ネットオークションにて、フランス・パリ産ペアを落札した。現在飼育中のフランス産ユーロオオクワの産地は「南フランス」という漠然としたもの(恐らく地中海沿岸地方の事だろう)であったので、「パリ」と出身地をかなり絞り込めるこの個体に魅力を感じた次第である。また、「パリ」となれば、地理的にも明らかに南仏とは異なる。日本で言えば東京と大阪程度の違いはあると思われるので、同じ原名亜種とは言え、もしかしたらちょっとした外観上の差異等があるやも知れない。

 帰宅後、早速、到着していた梱包を解いて、パリ産ユーロオオクワを取り出す。♂31mm、♀28mm とユーロオオクワとしては大型の個体であることは、入札時に理解していたが、実際に手の上に乗せてみると、想像していたよりもかなり大きく感じた。体長的には飼育中のシリア産♂も30mm程度はあるのだが、シリア産よりも横幅があるため、存在感はこちらの方が一段上である。内歯を含めた大顎の形状も、よりボリュームがあり、立派である。特に小型〜中型個体では余り目立たない大顎基部外縁の縁取り状の盛り上がりが顕著であり、30mmオーバーの貫禄を醸し出している。一方、不思議なことに、大顎下面の内歯状の張り出しは、他産地の個体と比べると弱く、注意して見ないと殆ど分からない程度になっている。
 ♀は体格は立派であるが、南仏産やスロバキア産等と比べてみても、特にこれといった差異はないようである。僅か1ペアを見ただけではあるが、♂の大顎下面の内歯の発達が悪い点が気になるものの、♂♀共に体格差によるものを除けば、南仏産の個体と同じ特徴を有しているようである。

 ひとしきり観察と写真撮影を終えたので、ケージのセットアップにかかる。羽化日が昨年11月中旬であり、恐らくまだ成熟はしていないと思われるが、いつも使っている17cm角の小型アクリル水槽を用いて通常のセットを組んでしまうことにする。
 マットはフジコンのマルチブリードフレークを使用。このマットは標準的な一次発酵マットであるが、比較的ダニが涌きづらいような気がする。
 3cm程固目にマットを詰め込んだ所で、昨晩から仕込んでおいたコナラ材を配置し、これが2/3 程度埋まるようにマットを投入し、エサ皿と転倒時の足掛かり用の木片を配置して完了である。蓋は付属のプラ製のものが穴だらけであるので、4mm厚のコルクボードを使用して新規作成した。これでコバエの侵入も防げるであろう。

フランス産INDEXへ