2005.05.25(水) 
■1卵回収
 産卵木をセットしてから3ヶ月が経過した。このペアは♂♀共に昨年11月中旬の羽化であるので、セットをした2月3日の時点ではまだ成熟はしていなかったと思われる。それで通常より1ヶ月長目にセットしていたのであるが、昨日、3月30日にセットしたスロバキア・マラッキー産の材から幼虫を回収できたので、そろそろ良いのではないかと思い、本日割り出してみることとした。

 材を取り出してみると、齧った跡はマットに埋没していた部分に一ケ所あるだけであった。その部分から卵1個を回収できたが、この状況からして、どうも最近になって「産みはじめた」ということのようだ。性的に成熟し、交尾できるようになったのが、予想よりも遅く、今月の頭位だったのだろう。
 恐らく、これからバンバン産卵すると思われるので、割り出しは中止し、材を再び飼育ケージへと戻すこととした。

フランス産INDEXへ