2005.07.04(月) 
■幼虫回収
 5/25に割出しを中止し、再セットしたコナラ材を改めて割出してみた。
 材を取り出そうと試みた所、地中に埋まっている部分は♀に齧られたり、幼虫の食痕等によってグズグズの半マット状になっており、原形を留めていなかった。従って、マトモに取り出せたのは上半分のみで、これを取り出してみると、早くも下半分の残骸の中に蠢く幼虫の姿が現れた。

 とりあえずこの幼虫をプリンカップに回収してから、まずは他にもマットの中に幼虫がいないか、ケージの外から観察してみた。とりあえず見える範囲には幼虫の姿も食痕も見当たらなかった。そこでかつて材の下半分を構成していた残骸の内、まだ形を留めている小片を一通り取り出した上で、マットを全て新聞紙の上にあけ、マットの検分を開始した。この状況ならば、他にも幼虫がいて然るべきであろう。検分の結果、マットから3匹の幼虫を追加することができた。
 次に原形を留めている上半分や、下半分の残骸を割ってみる。上半分はやや水分が抜け気味であり、♀が齧った跡も見受けられず、幼虫や卵の姿もなかったが、下半分を構成していた残骸の小片からは幼虫2匹と卵1つを得ることができた。合計で幼虫6匹、卵1つという結果であり、コナラ材であっても条件次第ではちゃんと産卵がなされることが分かった。

 しかし、僅か一ヶ月ちょっとで、原形を留めない位に破壊される程柔らかい材から幼虫が回収出来たというのに、これに先立って割出したイタリア・ベネチア産の同程度の柔らかさの霊芝材は全くの空振りに終った(イタリア・ベネチア産2005.07.04参照)のは解せない。この材に産んだのであれば、霊芝材にも産んでもおかしくはないと思うのであるが、一体何が結果を左右したのだろうか?

フランス産INDEXへ