2005.07.07(木) 
■産卵木投入
 先日割出した材に代る、新たな産卵木を投入した。今度はクヌギ材ではなく、コナラ材にしてみた。径はやや細目であるが、肉質は前のクヌギ材と同程度の柔らかさである。

 材をセットして暫くすると、早速♀が菌種穴から潜り込もうとしているのが観察された。狭い穴に潜んでいるのと落ち着くのか、それとも材に関心を示しているのか分らないが、コナラ材であっても条件が見合えばちゃんと産卵することは分かったので、この材の結果にも期待したい。

フランス産INDEXへ