2005.07.24(日) 
■菌糸カップ投入
 パリ産ユーロオオクワ幼虫が皆、2齢〜3齢初期となったようなので、7匹全員を本日届いた200cc菌糸カップへと移してしまうことにした。
 親は菌糸飼育の累代個体で、♂♀共にユーロオオクワとしては中々の大型個体であるので、子供達も菌糸飼育することによって、大型化することが期待される。

 残念ながら今月4日に回収した卵は孵化しなかったようだ。割出しの時点で他は全て幼虫になっていたので、恐らくその時点で既に死んでいたのであろう。

フランス産INDEXへ