2005.08.23(火) 
■♂死亡&幼虫割出し
 7/7にセットしたコナラ材を割出してみた。
 材には長軸方向に沿って坑道が一本穿たれており、中にはまだ♀が入っていた。材表面にも齧り跡が散見され、かなり期待を持てる状況である。

 ピンセットで坑道から♀を取り出し、割出しにかかる。
 まず、坑道部分に詰まった木屑をピンセットやマイナスドライバーで慎重に除去する。すると、3箇所からまだ産んでそれ程日が経っていないと思われる卵が3つ出てきた。どうやらまだ産卵中であったようだ。飼育ケージ内にセットしているので、仕方ないのであるが、やはり本来は専用の産卵セットを組み、適当な所で♀を外すようにするべきなのであろう。そうすれば、孵化した幼虫と産んだばかりの卵が一緒に出てくるということは防げる。

 次に材の表面から、一皮づつ剥くように割出しを進めた。
 一皮剥くと、早速初齢幼虫が一匹転がり出してきた。以後もほぼ一皮剥くごとに幼虫や食痕が現れ、計13匹を回収することが出来た。隔離セットでのトルコ産27匹とか、シリア産20匹というのには及ばないものの、飼育ケージ内にセットした材の成果としては、まずまずであろう。また、これで、クヌギかコナラかといった樹種は余り関係無く、むしろ湿度等の材の状態の方が結果を大きく左右するということに対して確信を深めることができた。飼育ケージ内にセットした材に関しては、クヌギでもコナラでも、採れる幼虫の数に違いはないようだ。

 材の割出しを終えた後、念のため、マットの中も検分してみる。表からは幼虫の姿も食痕も観察できなかったが、中の方にいる可能性も無きにしもあらずである。
 一旦マットを外にあけ、少量づつ匙で掬っては振るいを繰り返してチェックするも、幼虫の姿は無かった。代りに出てきたのは、バラバラになった♂の死骸である。
 昨年11月中旬羽化とのことなので、1年も生きていなかったことになるが、20匹もの幼虫を残したのだから、使命は充分に果たしてくれたと言える。31mmとかなり大柄な♂だったので、死後は標本にと思っていたのだが、繁殖目的で飼育していると、中々そうはいかないものだ。

フランス産INDEXへ