2005.09.23(金) 曇時々晴 最高室温:28.6℃ 最低室温:26.3℃
■割りカスから幼虫回収
 8/23に割出したコナラ材の割りカスを入れておいたビニール袋の底の方に2匹の幼虫の姿が見えたので、回収を試みた。
 割りカスを新聞紙の上に広げると、外から見えてきた2匹以外にも更にもう1匹の幼虫が見つかった。次に幼虫が中に潜めるサイズの小片を片っ端から割っていった所、こちらからは2匹の幼虫が現れ、計5匹を回収することができた。

 結局、このコナラ材からは先月回収したものと併せ、18匹の幼虫が得られた。これは隔離セットのクヌギ材で得られたシリア産の20匹と比べても遜色のない数である。やはり樹種よりは、ケージ内の気温や湿度、材の径や柔らかさ、湿度といった環境要因が大事なようである。これまでの所の感触としては、太目で柔らかい材を湿度高目でセットすると良い結果となるようである。

フランス産INDEXへ