2005.10.01(土) 晴 最高室温:27.9℃ 最低室温:25.1℃
■菌糸カップに幼虫投入
 8/23に割出した幼虫を200ccの菌糸カップへ投入した。
 一匹だけやたら成長が遅く、初齢後期と思しき小さな個体がいたが、残りは全て2齢後期となっていた。

 オオクワ系のクワガタは、一般には菌糸で飼育した方が大きくなるとされている。
 確かに、割出しと共に菌糸飼育としたスロバキア・ブラチスラビア産の♂は2匹共30mmクラスの大型個体に成長してくれたので、これだけを見るとそのようにも思える。しかし、同じスロバキアでもニタラ産の場合は、大柄な個体と共に20mm台前半の小さな個体も出てきている。前者は120〜200cc菌糸カップにて個別飼育、後者は800ccの菌糸ボトルにて2〜3匹纏め飼いと、飼育方法に違いがある。従って、単に菌糸飼育にすれば良いというものではなく、適切な対応をとってやらないと、菌糸だろうが発酵マットだろうが、大きくなるものも大きくならないのだろう。
 その「適切な対応」とは何か? については今後の課題であるが、とりあえず800ccのボトルで複数飼育するよりは、一匹づつ個別飼育した方が良いような気がするし、他にも、割出してスグに投入した方がいいのか、2齢迄引っぱってからにした方がいいのか? とか、温度管理をしないのであれば、秋口に割出すような繁殖計画を立てた方がいいのか? 等、気になる点は多々ある。

フランス産INDEXへ