2005.10.24(火) 晴 最高室温:26.2℃ 最低室温:23.5℃
■いつの間にか1♀羽化
 パリ産幼虫の様子を見ていた所、1♀が羽化し、カップの上部に這い登っているのを見つけた。状況はスロバキア・マラツキー産の♀を見つけた時と同じである(マラツキー産2005.09.30 参照)。

 親が大きかったので、それなりのサイズになるかと思っていたのだが、7月に割出して3ヶ月とかなりのハイペースで羽化してしまったので、かなり小粒な個体となってしまった。
 しかし、中には割出後4ヶ月程度で羽化したにも関わらず、30mm程度の大型個体として羽化してくる場合もあるし、半年以上かけて羽化しても、20mmちょっとにしかならない事もあるので、必ずしも幼虫期間の長さとサイズの大きさはイコールではないように思う。
 他の幼虫達も外から様子が全く見えないのだが、どのようなサイズで羽化してくるのか楽しみである。

フランス産INDEXへ