2005.11.16(水) 晴 最高室温:22.7℃ 最低室温:19.5℃
■F3♀死亡&エサ皿から3齢幼虫出現
 パリ近郊の森産の割り出しをしたついでに、パリ産ケージのエサ交換と成虫の様子を確認してみることにした。パリ産は前回の割り出し以後、新しい産卵木は与えておらず、♂も死亡しているので、♀のみ単独で暮らしているという状況である。

 まずは、ケージの外から、♀の姿が見えないかチェックしてみる。
 すると、マット底面に3齢幼虫が蠢いているのが見えた。どうやら前回の割り出しの際、マットの中に抜け出ていた幼虫を見落としていたようだ。
 とりあえず、この幼虫を回収しようと思い、邪魔になるエサ皿をどけてみると、♀と共に、更にもう一匹の3齢幼虫が一匹姿を現した。
 この幼虫をプリンカップに回収して、♀をつまみあげてみた所、♀は仰向けになった状態で死亡していた。これでパリ産は完全に世代交代と相成った。F3ペアは結構数多く産んでくれたので感謝である。

 最初に目撃した幼虫を回収する為に、更にマット上の木片を片付ようと、再び視線をケージに戻してみると、先程幼虫がいたあたりに白い木屑が産卵しているのに目が止まった。良く考えてみると、幼虫がエサ皿の下にいるというのも不自然である。もしやと思い、先程取り出したエサ皿をひっくり返してみれば、写真右のように、♀の齧り跡と幼虫の食痕とでボロボロになっていた。どうもこの幼虫、エサ皿の中を食い進んでいた所、エサ皿を持ち上げられたので、坑道からマット上に抜け落ちてしまったようである。しかも坑道は2つあるので、最初に目撃した幼虫も同様にエサ皿から抜け出たものらしい。

 どうもこの2匹の幼虫、前回の割り出しの際に見落としたものではないようだ。エサ皿底の食痕による開口部は、3齢幼虫にぴったりなサイズのものが2つだけであるので、仮にマットの中に潜んでいた幼虫がエサ皿の中に食い進んだとすると、2匹共、同じ穴から入って、同じ穴から抜け出たことになる。そんな事はまず有り得そうもないし、♀による齧り跡があること、♀がエサ皿底にへばりつく形で死んでいたことを考えると、このエサ皿に産みつけられた卵が孵化して育ったものと考えるのが妥当であろうと思われる。
 このエサ皿、購入時は勿論生木であったのだが、ケージに入れている間に程良く朽ちてきたのであろう。固さはかなり固いのであるが、ゼリー汁や霧吹きによる加湿、マットから吸い上げた水分等で湿度は程良い感じになっている。この例からすると、多少固い材であっても、湿度が適切であれば、問題なく産んでくれるのかも知れない。

フランス産INDEXへ