2006.05.04(木) 晴 最高室温:23.5℃ 最低室温:22.0℃
■F4×1♂掘り出し
 4/24 に羽化しているのを確認した1♂を掘り出してみた。パリ産待望の♂である。
 羽化しているのを確認した時点で、体はほぼ黒く固まっており、割と大柄な個体だと思っていたのであるが、改めて計測してみると28mm。目標である30mmには一歩及ばなかったが、まあまあのサイズであった。大腮の湾曲もキツ目で、大腮下面の内歯状突起も明瞭であり、割合格好イイ個体だと思う。

 前回の♀同様、7月に回収し、成長期を高温下で過ごした割には大柄な個体となり、やはり菌糸の方が大きな個体が出易いというのは本当のようだ。勿論、マットでもこの程度の個体は出てくるが、やはり平均をとると、一回り小さくなる傾向があるように思う。
 今期は夏場の温度管理にも配慮して、更なる大型個体の育成を目指したい。

フランス産INDEXへ