2006.05.15(月) 晴 最高室温:23.7℃ 最低室温:22.3℃
■F4大型♂続々羽化
 先日の28mmに続き、先月末〜GWにかけて続々と大型の♂が羽化したので、本日掘り出してみた。蛹室の上壁を崩してみると、そこに現れたのは体長もさることながら、体幅もユーロオオクワにしてはがっしりと太い印象の♂達であった。写真左の個体から順に30.0mm、29.5mm、29.0mm、27.0mmであり、目標であった30.0mmを何とかクリアーすることが出来た。

 体幅というか、体のサイズの割には大顎が伸びない(湾曲がキツい)印象で、例えば、31mmのスロバキア産の♂は明らかにもっと細身の印象である。つまり、スロバキア産は、体に対し大顎が長いのだ。こうした違いは産地或いは元親の形質遺伝によるものなのか、エサ等の環境による後天的なものなのか、或いは両方が微妙に影響しあっているのか、どうした要因によってこうした形態の差異が現れるのか大変興味深い。

フランス産INDEXへ