2006.05.30(火) 晴後雷雨 最高室温:26.3℃ 最低室温:25.1℃
■F4セット1
 F4新成虫が続々と後食を始めるようになってきた。この時期に羽化した個体は後食開始=成熟と考えて問題ないようである。一方、盛夏〜秋に羽化した個体の場合、後食を始め、交尾に及んだとしても産卵しない場合が多い。恐らく本来はそのまま休眠するからなのであろう。

 今回選んだのは、4/24羽化の♂28mm と5/2羽化の♀である。勿論未交尾なので、まずは交尾から。120ccプリンカップに2匹を投入すると、早速♂が♀にモーションをかけ、速攻で交尾に及んだ。これが成熟していない個体だと、一応♂は♀の体を触覚で触って関心は示すものの、一通り全身を触ってしまうと、そそくさとどこかへ行ってします。その気がある場合は、♂が♀の上に乗った後、後ろ足で♀の上翅をさする仕種を見せる。この仕種を見せているのであれば、例え交尾は失敗したとしても、♂♀共に成熟していると判断できるのではないかと思う。今回は非常にスムーズに事が運んだ。

 セットは小プラケ相当のHR-2 を利用し、やや柔らか目のコナラ材をほぼ完全にマットで埋め込むというスタイルである。交尾は確認したが、念の為、♂♀同居させることとした。

フランス産INDEXへ