2006.10.17(火) 曇 最高室温:26.3℃ 最低室温:24.9℃
■F5幼虫7匹回収
 5/30に組んだセットを割出してみた。大分前からマットの中を這う幼虫の姿が見えていたので、幼虫がいるのは確実である。まあ、4ヶ月も放置していれば当たり前であるが。

 まずはマットの検分から。
 投入していたF4ペアは、♂は触覚やフ節の欠けも無く健在であったが、♀は死んでいた。やはり♂よりも、産卵する♀の方が消耗が激しいという事であろうか。
 幼虫は外から見えていた3齢幼虫2匹(写真左)に加え、2齢幼虫1匹を回収する事ができた。

 材からは3齢幼虫4匹を回収。マット回収分と併せて7匹とやや少な目の結果となったが、これはやはり4ヶ月も放置していたのが原因であろう。材に穿たれた産卵痕を見る限り、恐らく産卵数自体は倍以上はあったものと思われるが、成虫による捕食、幼虫同士の争い等で大分減ってしまった可能性が大である。
 パリ産のF4では15匹もの幼虫が途中で落ちてしまったので、これを考えると7匹では少々心許ない。新たにF4成虫を使ってセットを組む必要があるが、セット後2ヶ月程度でちゃんと割出しておけば、より多くの幼虫を回収できる公算が高い訳だから、やはりサボらずに、やるべき時にやる事はやっておかねばならないという事であろう。