2005.03.20(日) 
■パリ近郊の森産ユーロオオクワ
 本日、国内では数少ないユーロオオクワブリーダーの方から荷物が届いた。蓋を開けてみると、最近ユーロオオクワに対して好成績を収めているという材やマットと共に、ユーロオオクワ成虫&幼虫数産地が納められていた。最近羽化した成虫や割り出した幼虫の内、私がまだ持っていない産地のものを送って下さったのだ。その中の一つが、この「パリ近郊の森産」である。

 先月、「パリ産」というのを購入し、ひょっとすると元親は同じ森で採集された個体であるかも知れなが、一応これとは分けて飼育していくことにする。これでフランス産は3産地となり、私が飼育する内で最も産地が充実した国となった。

 頂いた個体は♂♀共に中々立派なサイズである。パリ産の方もかなり大きかったが、パリ周辺の個体群は比較的大きくなる要素を持っているのだろうか? それとも飼育テクニックの問題であろうか?
ユーロオオクワは最大で35mm程度にはなり得るらしいが、恐らくそこまで大きくなると、見た目の雰囲気も大分変わってくるのではないかと思う。これまで見た限り、大型個体は内歯がより上方に現れ、角度もやや上向きにつく傾向があるように思われる。35mmにもなれば、大顎形状は国産オオクワの中歯型か大歯型のような雰囲気になるのではなかろうか? いずれ、この手でそうした個体を育て上げてみたいものである。

フランス産INDEXへ