2005.03.23(水) 
■人工カワラ材セット
 先日、ユーロオオクワブリーダーの方から送られてきた荷物の中に、人工カワラ材が同梱されていた。その方の所ではこの材を用いて、中々の好成績を納められているそうだ。私はまだ、どのような材が適しているのか、あれこれと試している段階であり、その辺を見かねて助け船を出してくれたのではないかと思う。と、なれば、早速試してみない手はなかろう。

 最初、「人工カワラ材」と聞いて、広葉樹のフレークにカワラタケ菌を添加したものを固めた、人工産卵木のバリエーションの一つではないかと想像していたのだが、「人為的にカワラタケ菌で腐朽させたコナラ材」が正解であった。現在、シリア産に天然カワラ材を投入しているが、これと比べ、菌糸が材全体に万遍なく回っているように思える。材質は柔らか目で、水分も多く含んでいる為、加水せずに樹皮を剥いただけでセットすれば良いとのことであった。

 飼育中のものに、産卵木未セットのものや、交換時期が来ているものがなかったので、この材と一緒に譲って頂いたパリ近郊の森産ペアにて、人工カワラ材を試してみることにした。セットは簡易温室が満杯であることと、交尾をまだ済ませていないことから、とりあえず従来通り、17cm角のアクリル水槽を用いた標準的なものにしてみた。これで暫く様子を見て、温室に空きが出来たらコンテナボックスへ移設させようと思う(その頃には温室は不用になっていると思うが)。

フランス産INDEXへ