2005.05.25(水) 
■幼虫&卵回収
 産卵木をセットしてから2ヶ月が経過したので、割り出してみることに。ここの所、居間の飼育ケージ内にセットした材からも幼虫が回収され出しているので、期待が持たれる。
 材を取り出して検分してみると、マットに埋没していた部分に坑道が一本穿たれていた他、齧った跡がそこかしこにつけられていたのに対し、表面に露出していた部分には全く齧った痕跡は見受けられなかった。昨日のスロバキア・マラッキー産の材と同じ状況である(スロバキア・マラッキー産2005.05.24参照)。

 さて、まずはマットに埋没していた部分から割り出してみる。マイナスドライバーを使って、産卵痕を中心に材を抉りとってみると、早速幼虫が姿を現した。まだ孵化してから1〜2週間といった感じである。
 どうやら割り出すのがちょっと早かったらしく、幼虫に混じって卵もちらほらと出てきた。材を半分割り終えた所で、幼虫4匹、卵6個を回収できた。無事に孵化すれば合計10匹であるので、そこそこの成果と言えるのではないだろうか。

 残り半分の、マット上に露出していた部分は、昨日のスロバキア・マラッキー産の例からすると、卵も幼虫も全く回収できない可能性が濃厚である。このまま割らずに再セットすれば、更に10匹程度は期待できそうである。従って、残りは再び飼育ケージにセットすることとした。
 この材はユーロオオクワブリーダー氏オススメの人工カワラ材である。昨日のマラッキー産が普通のクヌギ材に2匹がかりで幼虫6匹+1卵であったことを考えると、こちらは1♀で幼虫4匹+6卵であるので、確かにこの材はユーロオオクワには向いていると言えそうである。残り半分に期待である。

フランス産INDEXへ