2005.06.01(水) 
■久々に交尾目撃
 久々にユーロオオクワの交尾シーンを目撃した。初夏を迎え、ユーロオオクワーズの活動はかなり活発になってきているので、恐らく毎晩の如く交尾は行われているのだとは思うが、どうもタイミングが悪かったらしく、ここ暫くの間、現場を押さえることが出来ずにいた。

 本日の体位は、♂と♀が尻を突き合わせてV字を作るパターンなのであるが、場所がエサ皿とケージ壁面との間の狭い空間であるので、半ば♂が♀にかぶさる形で行われていた。
 笑ったのが、♂♀が重なったことにより、隙間にカッチリと嵌ってしまったらしく、動くに動けず、困ったように前足と触覚だけショボショボと動かす様であった。♂が写真左方向に動けば簡単に脱出できるのであるが、♀が右方向に移動しようとしている為、そうしてしまうと交尾体勢が解けてしまう。♂はこれを避けるべく♀に合せて右方向へ移動しようとするので、隙間に嵌ったまんまになってしまっているのだ。

 何はともあれ、活動するユーロオオクワを眺めるのはなんとも楽しいことである。願わくば次は♀の産卵シーンを押さえたいと思っているのだが、部屋が明るい状態ではまず地上で産卵には及ばないと思われるので、高感度のCCDを利用したWEBカメラシステムを構築してみようか等と考えている。これなら端末とネット環境さえあれば、いつでもどこでも様子を覗けるので便利そうだ。

フランス産INDEXへ