2005.07.02(土) 
■3卵孵化確認
 6/1に回収した6卵の内、未だ孵化を確認していない4卵がどうなっているのかの確認と、既に孵化している幼虫の個別飼育への意向を兼ねて卵を保管していたプリンカップを暴いてみた。その結果、5匹の初齢後期の幼虫を発見することができた。皆、ほぼ同じ位のサイズであったので、恐らく孵化の時期にそれ程の開きはなく、単に壁面から観察できたのが2匹だけであったということのようだ。

 6卵中の1卵は残念ながら孵化しなかったようであるが、これならば、今後、卵で回収するのも悪くはないかも知れない。もっとも、国産オオクワ等の大型種ならいざ知らず、ユーロオオクワの卵はとても小さいものなので、結局見落して後日幼虫で回収ということになる場合も多そうなので、普通に孵化するのを待った方が無難な気もしないではないが。

フランス産INDEXへ