2005.07.24(日) 
■幼虫エサ交換&一匹死亡確認
 90cc容器で3齢迄引っ張ってしまうと早期に蛹化してしまう恐れがあることが最近分かってきたので、早々により大きな容器に引っ越しさせてしまうことにした。
 元親は♂♀共にユーロオオクワとしては大型の個体であるので、早々に蛹化させて小型の成虫にしてしまうよりは、じっくり育てて親を超えるサイズにしてみたいと考えている。それには適切なタイミングでのエサ交換と、比較的大きな容器、そして涼しい環境に置いてやることが肝要であろうかと考えている。

 パリ近郊の森産幼虫は、試験的にフジコンSP発酵マットに他のユーロオオクワ幼虫飼養に用いた廃マットや菌糸カス、産卵木の割りカスを取り混ぜたものをエサとして与えてきたが、SP発酵マット単体を与えた場合と比べても成長の度合いや太り具合に差は認められず、孵化後約50〜60日が経過した今日の時点で、2齢後期〜3齢初期に達していた。エサ換えのタイミングとしては悪くない頃合であろう。

 この産地でもマット飼育の場合と菌糸飼育の場合とで、どちらの方がより大きくなるのか見てみたいので、9匹中5匹を菌糸カップに投入し、4匹を引き続きマット飼育することにした。
 菌糸カップ投入組の5匹は皆、格別の抵抗も示さずに、サクサクと菌糸カップの中へ姿を消して行った。潜って行く様子を観察していると、縦方向に回転しながら穴を掘り下げて行っていることが分かった。従って暫くすると再び穴から頭を出すのであるが、どうもその際に削りカスを外に出しているようである。材の中でもこのようにして削りカスを後方に送っているのだろうか?

 菌糸カップ組が全て潜り終えるのを見届けてから、発酵マット組の引っ越しにとりかかった。その際、一匹が既に死亡しているのを確認した。死体は見当たらなかったので、かなり早い時期に死亡したものと考えられるが、何が原因なのだろうか? 卵で回収した個体ではなく、材から幼虫で割出した個体であるので、割出した際に傷つけてしまっていた可能性が濃厚かも知れない。

フランス産INDEXへ