2005.08.23(火) 
■人工カラワ材半身から幼虫回収
 その部位には産卵の気配が無かったため、再セットしておいた5/25割出しの人工カワラ材の上半分を本日割出してみた。今度はマットに埋没させ、湿度を維持したのが効き、材から8匹、マットから1匹の計9匹の初齢〜2齢幼虫を回収できた。これでこの人工カワラ材からは5/25割出し分と合わせ、18匹の幼虫を得たことになる。

 この事から、ユーロオオクワが産卵に及ぶか否かを左右する条件として、材の湿度が重要な要素であることが伺われる。他の産地の例からしても、乾燥気味な部位には決して産卵することがなかった。従って、ユーロオオクワに与える産卵材は、国産オオクワやコクワ向きに調整したものよりかは、ヒラタ系のやや湿度を高目にした材が向いており、セット後も乾燥に注意し、埋め込みマットの湿度も乾燥気味の状態にするよりは、若干湿っている位にコントロールしておく必要があろうかと思う。

フランス産INDEXへ