2005.09.24(土) 雨 最高室温:27.5℃ 最低室温:25.9℃
■いつの間にか1♂1♀羽化
 今や各産地合計で100匹を軽く越える迄に増殖したユーロオオクワ幼虫の様子を見ていた所、パリ近郊の森産幼虫の内の一匹が既に成虫となり、カップ上部を闊歩しているのに気付いた。外から見えない所に蛹室を作り、いつの間にか成虫になっていたようだ。

 この個体は5/25割出し幼虫でマット飼育としたものの内の一匹で、体長23mm程の小粒な♂であった。
 親より大きな個体をと夢見た想いは早くも頓挫してしまったが、やはり夏場の高温が原因であろう。
 ついでに、同日割出しの他の個体をチェックしてみると、マット飼育のもう一匹が蛹化、菌糸飼育の一匹が22mm程の♀として羽化していた。♀も小粒であり、これだけを見ると、マット飼育でも菌糸飼育でも大差ないように思える。エサの質よりも、適切な飼育温度でじっくり育てるということの方が、より重要な条件なのであろう。

 しかし、スロバキアのブラティスラビア産♂のように、同じ頃に割出し、同じ頃に羽化したにも関わらず、30mmに達する大型個体となったケースもあるので、単に夏場の高温だけが理由ではないような気もしないではない。まだ幼虫のままの個体も大分残っているので、それらに期待してみるとしよう。

フランス産INDEXへ