2005.10.01(土) 晴 最高室温:27.9℃ 最低室温:25.1℃
■菌糸カップに幼虫投入
 8/23に割出した幼虫を200ccの菌糸カップへ投入した。
 幼虫達は全て2齢に加齢しており、まずは順調に成長しているようで何よりである。

 今回は懐具合の関係で、割出後一ヶ月以上経ってからの菌糸カップへの投入となったのだが、このように2齢に達してから投入するのと割出してスグに、初齢の段階で投入してしまうのとどちらが良いのか悩ましい所である。
 個人的には、途中でエサの質をガラリと変えてしまうよりは、最初から同じもので育てた方が良いような気がするが、初齢で菌糸に投入すると死亡率が高くなるので止めた方が良いと言う人も多い。過去に数匹、割出してスグに菌糸に投入したことがあるが、今の所、途中で落ちた個体は一匹もいないし、羽化した個体は30mmクラスの大型♂になったりと、中々に良い結果が出ているのであるが、何しろ数が少ないので、これをもって「大丈夫!」と言い切ることはできない。
 パリ産、パリ近郊の森産共に、既にそれなりの数の幼虫を回収できているので、現在セット中の材から回収する幼虫に関しては、試しに全数、割出してスグに菌糸へ投入してみようかと考えている。

フランス産INDEXへ