2005.11.16(水) 晴 最高室温:22.7℃ 最低室温:19.5℃
■まだまだF3幼虫回収
 8/28にセットしたクヌギ材を割り出してみた。
 親は♂の右後足のフ節がとれていたものの、♂♀共にまだ存命である。

 材は、地表に露出している部分には齧られた形跡がなかったが、マットから取り出してみると、埋没部分は結構ボコボコになっており、昨日のスロバキア・ブラチスラビア産の時のように、♀が穿たれた穴の中に潜んでいた。こうなっていれば、産卵はほぼ確実であろう。ひょっとすると未だ産卵中なのかも知れない。

 ♀を取り出し、材を割って行くと、早速食痕と共に初齢幼虫が姿を現した。今回はタマネギの皮を剥くように、年輪に沿って材を剥いていく感じで割っていったのだが、途中、ちょっと堅くなっている所でマイナスドラバーを使った際、ドライバーをあてた所の直下に食痕が走っていたようで、勢い余ってドライバーが食痕を貫いて、幼虫を一匹潰してしまい、しばし呆然としてしまった。
 この幼虫は先程のものよりも大分大きく育っており、2齢初期に達していた。それ故に食痕も太くなっており、ズボっとドライバーの先端が空洞部分に突き刺さってしまった次第である。後悔先に立たずであるが、本当に可哀想なことをしてしまった。

 気をとり直して割り進めて行った所、更に2匹の初齢幼虫を回収できた。
 齧り跡の雰囲気からすると、ちょっと少ない気がするし、先程潰してしまった個体を除いて皆、初齢幼虫であることを勘案すると、卵や孵化したての幼虫がまだ破片の中に潜んでいるのかも知れない。
 気温の低下と共に、孵化のペースも落ちていることも考えられるので、また暫くしてから割りカスをチェックしてみようと思う。

フランス産INDEXへ