2005.11.25(金) 晴時々曇 最高室温:22.5℃ 最低室温:20.5℃
■F3×2♂♂1♀羽化確認
 7/20 回収のムシモン幼虫が成虫になっていたので、7月回収のユーロオオクワ幼虫のチェックをしてみた所、7/2 回収のパリ近郊の森産F3幼虫の内、3匹が、2♂♂・1♀として羽化しているのを確認した。

 サイズは、♂が24mm と22.5mm、♀が24mm であった。
 ♂22.5mm は「まあ、そんなもんだよな」という感じだが、24mm の♂♀は、成長が早かった割にはそこそこ育ってくれたと思う。菌糸飼育にしたのが効いたのか、終齢〜蛹の時期を涼しい秋になってから迎えたのが良かったのか、或いはその両方かは不明であるが、いずれにせよ、菌糸で育てた方が平均としては、大きく育つような気がしている。

 パリ産は♀ばかり羽化しているが、こちらは♂♀揃ってはいるものの、今の所、♂の方に多く片寄っている。こればかりはどうしようもない事とは言え、中々上手くバランスがとれないものである。パリ近郊の森産も、まだ大分幼虫が残っているので、今後に期待するとしよう。

フランス産INDEXへ