2006.01.15(日) 晴 最高室温:22.5℃ 最低室温:19.1℃
■飼育ケージから幼虫回収&F3成虫産卵セット
 本日、成虫達のエサ換えを行っていた所、パリ近郊の森産飼育ケージのマットの中に3齢幼虫がいるのを見つけた。昨年11/16 に割出した際に、見落とした幼虫がマット内に潜んでいたようだ。早速回収して、飼育容器へと移すことにした。
 あいにく菌糸は、500cc瓶、200ccカップ共に在庫が尽きているので、今回は800cc の空きプラボトルに菌糸カス混合マットを詰め込んだものを用いた。イタリア・チェゼーナ産の所でも書いたが、これまでの所、初齢で回収した幼虫が羽化迄に必要とするマット及び菌糸の量は、概ね400〜600cc(200ccカップで育てた場合、1〜2回交換する)と考えられる。そこで、割出した直後は90乃至は120ccの容器で飼育するとしても、これを粗方食べ終えた所で、500cc程度の容器に移せば、エサ換えのショックによる体重減少や早期蛹化を抑制でき、より大きな個体に成長するのではないか、そして、エサがふんだんにあれば、これ迄よりも、より多くのエサを食べるのではないかと考え、上述のチェゼーナ産や、このパリ近郊の森産等、一部の幼虫を試験的に500cc菌糸瓶での飼育に切り替えている。これはマットでも同じ事だと思われるので、この個体はマットで同じ事を試みてみることとした。
 勿論、既に3齢になってしまっているので、例えこの方法が有効だとしても、それ程の効果は期待できないが、もし、蛹化迄にこれ迄以上のエサを消費することが確かめられれば、今後も継続してこの方法を試みてみる価値を見出せるのではないかと思う。

 さて、前回割出してから、新しい産卵木は与えてなかったので、ついでに産卵木も投入する事にする。親はF2はもう充分に産んでくれたので、F3ペアに交換してみた。前回割出しの直後に、産卵セットを組んでやるつもりで同居させていたペアがいるので、これを投入である。
 セット方法は従来通りで、材は柔らか目のクヌギ材である。
 回収できた幼虫は、上述の飼育方法で育ててみる予定である。

フランス産INDEXへ