2006.04.11(火) 曇後雨 最高室温:22.5℃ 最低室温:20.3℃
■大型&極小♀羽化
 パリ産やパリ近郊の森産幼虫の入った、200cc菌糸カップを見回っていた所、パリ近郊の森産のカップの一つの表面に直径1cm程の穴が開き、そこから♀の成虫が顔を覗かせているのを見つけた。ラベルを見ると昨年7月に回収した個体であったので、念の為、7〜8月回収の他の個体もチェックしてみることにした。

 結果、この個体を含め、4♀♀が羽化しているのを確認した。残りも蛹乃至は前蛹状態のものが殆どなので、恐らく今月末には出揃うのではないかと思う。

 さて、最初に見つけた♀は、写真一番右の小さな個体である。図ってみると体長17mm。ユーロオオクワだとしても、極小と言える大きさであった。
 他の♀は逆にかなりの大型個体に育っており、一番左から、28mm、26mm、27mmであった。同じ親から生まれた姉妹であり、且つ、同じ菌糸を食べて育ち、似たような時期に羽化したにも関わらず、体長にして1cm以上の差が出ているのが面白い。また、やはり菌糸で育てれば、必ず大きくなるというものではなく、小さくなる奴は何をやっても小さくなるような気がしないでもない。

フランス産INDEXへ