2004.11.19(金) 曇 最高気温:℃ 最低気温:℃
■フランス産ユーロオオクワ
 先日、念願のユーロオオクワを入手したものの、私が購入したトルコ産は、ヨーロッパのものとは別亜種であるらしい事が分かった。
 「らしい」というのは、亜種としての学名が良く分からないからだ。
 トルコの昆虫関連サイトを覗いてみても、Dorcus parallelipipedus と、種小名までしか表記されていない所ばかりで、果たしてこれが原名亜種なのか、別亜種なのかはっきりしない。
 ヨーロッパのサイトを見ると、幾つかの亜種に関する記述を目にすることが出来、最初はその中の、Dorcus parallelipipedus truquii というのがトルコ亜種かと思ったのであるが、詳しく見てみると、どうもこの亜種はイタリア南部に分布しているらしい。それに亜種名も良く見ると語尾に "i" がついているので、これは地名ではなく人名(トルクゥイ氏?)のようだ。また、「トルコ」は "Turk" なので、綴りも微妙に違っている。
 一方、トルコからは近似種として、Dorucus sewertzowi (Semenow, 1891) の記載があり、これはユーロオオクワの亜種ではないかとされている。もし、この説が正しいとすると、私が購入したユーロオオクワは、Dorcus parallelipipedus sewertzowi とでも言うべき、トルコ亜種なのかも知れない。陸続きのイタリア半島南部の個体群が亜種なのであれば、ボスポラス海峡で隔てられているトルコの個体群も亜種として分化していると考えた方が無難であろう。

 さて、トルコ産ヨーロッパオオクワが亜種である可能性が大となってくると、原名亜種とどこがどう違っているのか気になってくる。新種として記載された位だから、かなり違った特徴を有しているのではないか? これは原名亜種を入手して、この目で確かめてみるより他になかろう。
 と、いうことで、原名亜種の入手を決意した。できればリンネが新種記載した際の個体と同じ、スウェーデン産が望ましいが、これはなかなか出回っていないようだ。ネットで在庫リストを公開している店を片っぱしからチェックしてみると、フランス産が比較的入手し易いらしい。
 地理的なものを考えると、果たしてスウェーデンの個体群とフランスの個体群が同一亜種なのか疑わしい気もするが、イタリアに分布しているクワガタを論じたサイトの解説文では、北イタリアのものは、Dorcus parallelipipedus parallelipipedus、中部〜南イタリアのものは、Dorcus parallelipipedus truquiiとしているので、どうやら北イタリアのものは原名亜種という認識らしい。そうなると、勿論フランスのものも原名亜種とみなされているのであろう。とりあえずフランス産を購入して問題はなさそうだ。

 職場から比較的近いショップにフランス産の在庫があるようなので、終業後早速寄ってみる。
 外産クワガタコーナーの一角にユーロオオクワコーナーがあり、フランス産が3ペアとトルコ産1ペアが置かれていた。早速店員さんにお願いして、生体のチェックをさせてもらった。
 最初のペアの方は特に問題もなくチェック完了。次のペアは幾ら捜せど♂しか見つからなかった。気を取り直して3ペア目の容器を開けてみると、こちらはどういう訳か♂2匹が入っていた。
 今日は2ペア購入したいと考えていたので、店員さんにその旨を告げ、♀の在庫はないか調べてもらう。店員さんは念の為、私が♂しかいないと指摘した2つの容器を再度隅々までチェックしてくれた(何しろ小さいクワガタなので、マットの片隅に♀が隠れているのを見落としている可能性もあった)が、やはり出てきたのは♂だけであった。
 「在庫は棚に出ている分しかないんですよ」と言いつつ、店員さんが再度ユーロオオクワコーナーへ行き、残っていたフランス産の容器を持ってきてくれた。それはペアが納まっている容器の半分位の容積のものであったので、恐らくは♂か♀が単体で入っているのであろう。ラベルを見ると「フランス産、♀」と書いてある。これで何とかなりそうだ。
 蓋を開けて♀の姿を探してみると、程無くユーロオオクワとしては大振りな♀が出てきた。ちゃんと生きている。私も店員さんも「良かった」とほっと一息ついたのであるが、良く見てみると、前足のフセツが片方取れてしまっている。なる程、B品だから別容器に分けていたのね。
 店員さんが「B品なので、値引き致します」と申し出てくれたので、それを有り難く受け、購入することにする。フセツが一本欠けている位では、繁殖に支障は無いと思われる。
 ついでに、残った♂の中から、一番元気が良さそうなのを選んでもらって、ペアを組み、無事2ペアを購入して、店を後にした。

 帰宅後、トルコ産の♂をケージからつまみ出して、フランス産の♂と並べてみる。
 ルーペを使って隅々まで見比べてみたが、両者の間に顕著な違いは無いように思える。強いてあげれば、トルコ産の方が全体的に光沢が強いような気もしないでもないが、それぞれ2匹づつの比較では何とも言えない。例えば、この夏、大量に捕獲したさいたま市産のコクワにもこの程度の差はあるので、単なる個体差と言えないこともないと思われるのである。
 一方、♀の方は顕著な違いがあり、フランス産の上翅にはよーく見ないと点刻列を認めることができないのに対して、トルコ産には一見してそれと分かる点刻列がある。これは単なる個体差というよりは、それぞれの産地における特徴と言えそうである。やはりトルコ産は亜種か変種なのではないだろうか?
 こうなると気になってくるのが、イタリア中部以南に分布する亜種 D.p.truquii である。これはどんな特徴を持っているのであろうか? 特に♀の上翅がどうなっているのか興味が持たれる。