2004.11.30(火) 曇 最高気温:℃ 最低気温:℃
■出てこない
 トルコ産ユーロオオクワは、購入後暫くすると日中でも時折姿を見せるようになったので、フランス産も環境に慣れてくればそうなるだろうと思っていたのであるが、10日経過した今日に至っても、彼等がマットの上に出てきた所を一度も目撃していない。
 しかし、半ば埋没させてある産卵木の両木口とマットとの境の所に一ケ所づつ穴が空いているので、恐らく夜中にはそこから這い出てきて活動しているのであろう。

 トルコ産の所でも書いたが、やはり産地によっては、暗くならないと活動しないユーロオオクワがいるのかも知れない。少なくとも我が家のフランス産ユーロオオクワにはそういった傾向があるように思える。
 仮に、こうした生態の違いがあるのだとしたら、どういう要因でそうなったのであろうか? こればかりは現地に行って、それぞれの産地の環境を見てこないと中々答えを得られそうもない気がするが、いずれ調べてみたい事柄ではある。

フランス産INDEXへ