2004.12.18(土) 晴 最高気温:℃ 最低気温:℃
■4♂♂追加
 昨日、予定外にムシモン♀を買った事で、ユーロオオクワ熱も急上昇してしまい、ユーロオオクワを求めて、都内の昆虫店をハシゴしてしまった。
 ムシモンを購入した店は、客先のすぐ近くであり、そこから会社へ帰るルート上にもう一軒、以前、フランス産ユーロオオクワを購入した虫屋が存在している。まだ売れていなければ、フランス産とトルコ産のユーロオオクワが在庫されている筈だ。

 店内に入ると、かなりの新入荷があったようで、各棚の虫の配置が大分変わっており、ユーロオオクワも場所を移動していたが、フランス産、トルコ産どちらもまだ残っていた。フランス産は♂のみであることは分かっていたが(飼育観察ノート11月19日参照)、トルコ産は確かペアだった筈だ。しかし残っていたのはこちらも♂のみであった。♀は死んでしまったか、誰か♀だけ買って行ったのであろう。
 とりあえず全て購入することにし、念の為、中身をチェックさせてもらう。フランス産の一匹が、大分弱っているようで、前足が突っ張った状態のまま硬直しており、触覚も折畳みっぱなしとなっていたが、残りの3匹とトルコ産は元気そうであった。一匹だけ残していくのもいかがなものかと思ったので、弱っている一匹を含め、計5♂♂を購入した。

 左の写真がこうして新たに加わった、フランス産ユーロオオクワーズである。
 上の2匹はジャンとポールと命名。正直、今後識別できる自信はないのであるが、一応、名前をつけることにしている。
 下の2匹はジェロームとレオンとする。左のジェロームが例のかなり弱っている個体である。顎先が欠けている上に、左後足のフセツも途中から無くなってしまっている。

 写真撮影を済ませた後、彼等をケージへと移したが、弱っているジェロームだけは個別飼育することにした。以前、このような状態のクワガタに人間用の栄養ドリンクを与えると回復する場合があると聞き、コクワで試してみたことがあるのだが、確かに、そのコクワは容態が回復し、その後暫く生きていた。ジェロームにもダメモトで試してみるとしよう。
 今回はローヤルゼリー配合のユンケルローヤル100をチョイス。スポイトで少量吸い取って、ティッシュに垂らし、そこにジェロームを乗せる。しかし、自発的に吸う気配が無いので、直接、口の所にスポイトで一滴垂らしてみた。すると大顎を動かし始め、硬直していた足も次第に動くようになってきたではないか! さっき迄は、足を突っ張って立っているか、マットの上で仰向けになっているかしか出来なかったのだが、動きはぎこちないものの、なんとか歩けるようにもなってきた。やはりユンケルは虫にも効くのであろうか?

 ユンケル投与から5時間程経過してから、ジェロームの様子を見た所、ケース内をかなり普通に徘徊していた。ユンケルを染み込ませたティッシュを入れてあるので、蓋をあけるとユンケル臭が漂ってくるのだが、そのティッシュに取り付いて時折舐めているようだ。まだ触覚を折畳んだままなのが気になるが、大分回復してきたのではないだろうか? コクワの時同様、これは、ひょっとするとひょっとするかもしれない。暫くはこのままで様子を見ようと思う。頑張れジェローム!

フランス産INDEXへ