2004.12.20(月) 曇 最高気温:℃ 最低気温:℃
■ジェローム復活?
 先週末に購入したフランス産ユーロオオクワの内、足が硬直し、マットの上でひっくり返ったまま起き上がることすら出来ない程に弱っていたジェロームを、ユンケルを染み込ませたティッシュを入れた小容器で個別飼育し始めてから3日が経過した。
 当初は硬直し、震えてマトモには動かせなかった足や、折畳んだままになっていた触覚も、日に日に滑らかに動くようになり、今晩様子を見た所、他のユーロオオクワ達と遜色がない程度に動き回るようになっていた。もうマットの上でひっくり返ることもないようだ。

 やはり、ユンケルが効いているようだ。弱ったクワガタに栄養ドリンクを与えると復活する場合があるというのは、どうやら本当のようだ。タウリンが効いているのか、ローヤルゼリーが効いているのか分からないが、とにかくジェロームは購入した時と比べて、かなり「マシ」になったのは確かだ。

 しかし、前のコクワもそうだったが、そもそも何故、足が硬直したように固まって、身動きがとれないようになってしまうのであろうか? 中にはそういう状態にならず、徐々に動きが鈍って死に至る個体もいる。死の直前は硬直というよりは、むしろデロレーンとなっているように思う。と、なると、ジェロームのように足が硬直して動けなくなるのは、寿命が近付いて弱ってきたというのとはまた違った症状なのかも知れない。一時的なショックや寄生虫の影響であろうか? 同じケースに入って売られていたレオンは至って正常であったことを考えると、どうやらそういう訳でもないようだ。
 ジェロームもレオンもラベル表記によれば、野外採集個体である。そして、レオンや他の個体と比べると、ジェロームは、顎先がすり減り、左後足のフセツが欠けているといった具合に、かなりくたびれた印象である。ひょっとすると他の個体は今年羽化した新成虫であるのに対し、ジェロームは越冬個体なのではないだろうか? と、なると、やはり寿命で弱ってきた結果、足が硬直してしまったのであろうか?
 いずれにせよ、あの状態でひっくり返ったままであれば、エサをとることも出来ずに遅からず死ぬ事になったと思われる。現時点では、どうしてあのような状態になったのか良く分からないが、とりあえず元気を取り戻したようで、良かったと思う。

 念のため、大分ユンケル臭が薄れたティッシュに、ユンケルを補充しておいた。
 もう2〜3日様子を見て、問題が無さそうであれば、他のフレンチユーロオオクワーズと合流させようと思う。

フランス産INDEXへ