2004.12.28(火) 晴 最高気温:℃ 最低気温:℃
■産卵木交換
 フランス産のセットを組んでから、1ヶ月が経過した。同じく2ヶ月が経過したトルコ産と併せて、産卵木を交換することとした。

 ケージから材を取り出してみると、ぼちぼち齧っているようで、一部は深く坑道が掘られている。これは期待できそうである。ただ、この材を取り出した時、この坑道の入口に♂(多分ピエール)がへばりついていたのが気掛かりだ。ユーロオオクワの場合、♂でもその気になれば、材に穴を穿つことができると思われる。ジェロームのように、大顎先端だけでなく、内歯も大分摩耗している♂が存在しているので、恐らく♂でも材を齧る性質を持っているのだろう。

 とりあえず今は、全て♀が穿った「産卵痕」であると固く信じて、割り出しを待つとしよう。順調に産卵がなされていれば、ぼちぼち早いものは孵化する頃合であるが、もう一月程度寝かせておいた方が無難であると思われるので、今日は割り出さずに、マットを敷いたミニプラケにて保管することとした。

 新しい産卵木は、やや柔らか目のコナラ材を選んでみた。今迄セットしていたものは、同じコナラ材でもやや固目のもので、これでもそこそこ齧っていたから問題は無いと思うが、トルコ産が同程度の材を殆ど齧っていなかったこともあり、フランス産でも柔らか目の材を試してみることにした次第である。
 シリア産にはこの、やや柔らか目の材を最初からセットしてあるのだが、激しく坑道を穿ちまくっていて、いかにも「産んでそう」な雰囲気である。フランス産も材が柔らかければ、そういう行動を採るのか観察してみたいと思う。

フランス産INDEXへ