2004.12.29(水) 雪 最高気温:℃ 最低気温:℃
■やっと出てきた
 本日、何とはなしにフランス産ケージを覗いてみると、何と、これまで一度も地表に姿を現したことがなかったフランス産♀が、ケージ内を闊歩しているではないか! しかも、見ていると、やがて♂(多分ピエール)も姿を現し、♀に交尾を迫りはじめた。
 残念ながら、今回は交尾には至らなかったようだが、購入以来、1ヶ月以上が経過して、はじめて見る「活動中のフランス産」の姿に、ちょっと興奮である。

 それにしても、これまで全く姿を見せなかったのに、どういう風の吹き回しであろうか? 昨日、材を交換したことが引き金となったのであろうか?
 これまでセットしていた固目の材への齧りつきがイマイチであるように思われ、また、セットしてから1ヶ月が経過したこともあり、材をやや柔らか目のコナラ材へと交換したのであるが、やはりユーロオオクワは柔らか目の材がお好みなのであろうか? シリア産も柔らか目の材に坑道を穿ちまくっている。もしかすると、産卵に適した材がようやっと現れたので、これまで活動を渋っていたフランス産ユーロオオクワが、産卵に向けて、本格的に活動を開始したということなのであろうか? 今後の動向に注目すると共に、今度の材にもしっかりと卵を産んでもらいたいと思う次第である。

フランス産INDEXへ