2004.12.30(木) 晴 最高気温:℃ 最低気温:℃
■今日も徘徊
 昨日に引き続き、今晩も1♀がケージ内を徘徊していた。大きさからして、昨晩と同じ個体であろう。エサ皿の上や周囲を暫くグルグルとまわり、時折ゼリーカップに頭を突っ込んでエサを食べ、また暫くするとエサ皿の周囲を徘徊するを繰り返している。
 そう言えば、フランス産がエサを食べている所を見るのも、これがはじめてかも知れない。

 産卵材を交換してから、急に動きが活発になってきたが、それでも昨日から見かけているのは、5♂♂2♀♀いる内の1♂1♀に過ぎない。他の5匹は相変わらず姿を見せていないが、こうした差がどのような理由によって生じるのか興味深い。全て野外採集個体であるので、羽化日は不明なのであるが、成虫となってからの期間が関係している可能性はあるかもしれない。無事次世代を得ることができれば、この辺にも気をつけて観察してみたいと思う。

フランス産INDEXへ