2005.01.19(水) 晴 最高気温:℃ 最低気温:℃
■割り出し
 先月28日に取り出した産卵材を今日割り出してみることにした。セットしてから約2ヶ月が経過しているので、ちゃんと産卵していれば、ぼちぼち幼虫になっている頃であるし、悪くても孵化寸前の卵を回収できるであろう。

 材を見る限り、そこそこ齧った跡が見受けられるので、全くの空振りに終ったトルコ産よりは期待が持てそうである。早速ラジオペンチとマイナスドライバーを駆使して、材を割っていく。が、割れども割れども幼虫の姿は見えず。不安がよぎる。
 30分程で一通り割り終えたが、幼虫も卵も全く回収出来ずであった。初齢幼虫や卵は大変小さいので、ちょっとした厚みのある破片の中に入っていたというケースが過去の他種(コクワ、ダイオウヒラタ等)の割り出しの際には多々あったので、本来は更に細かく割っていくべきなのだが、とりあえず現状のまま保管しておいて、もうしばらく様子を見るとしよう。見落としている卵や幼虫がいるならば、その内出てくるであろう。

 しかし、多少の見落としがあるとしても、やはりこの固目のコナラ材はイマイチお気に召してはいただけなかったようだ。現在セット中の柔らか目の材ではどうなるか、結果に期待が持たれる。

フランス産INDEXへ