2005.01.29(土) 晴後曇
■久々に徘徊
 先週、先々週と再び全く姿を見せないようになっていたフランス産ユーロオオクワであるが、今週火曜日位から、また毎日ケージ内を徘徊するようになった。
 姿を見せるのは、以前と同じ、大きい方の♀である。主にエサ皿の周囲をグルグルと回っている。

 どうも、この♀、姿を見せる「波」みたいなものがあるようで、何日かたて続けに姿をみせると、ある日を境に、ぱったりと姿を見せなくなる日が続き、またある日から突然、毎日姿を見せるということを繰り返しているように思える。
 これに比較的近いパターンはスロバキア産で、やはり何日か続けて姿を現すと、その後ぱったりと出てこなくなるというのを繰り返している。一方、イタリア産の♂はほぼ毎日でずっぱりだし、シリア産は、だらだらというか、しょっちゅう姿を見せている。トルコ産はどうした訳か、ここ一ヶ月ばかり姿を見せていない。

 しかし、フランス産も姿を見せているのは、この♀と、先月末頃に見かけた1♂のみで、他の個体は全く姿を見かけていない。勿論、四六時中ケージを見張っている訳ではないので、私が見ていない時に出てきている可能性は否定できないが、それにしても活動は低調と言うことはできるだろう。
 このように、ほぼ同じ条件で飼育しているにも関わらず、産地や個体によって、活動したりしなかったりといった差が出てくるのは興味深い。

フランス産INDEXへ