2005.02.06(日) 
■交尾
 居間で夜更かしをし、午前3時頃、ひょいとユーロオオクワケージ群に目を向けてみると、南仏産ケージに今日も複数のユーロオオクワが出てきているのが見えた。その内の2匹は追いかけっこをしているかのように、密接しつつ移動しているので、よもやと思い近付いてみると、交尾をしている所であった。

 ♀はいつも良く見かける大柄な個体だが、♂の方は5匹いる中でも最も小さいと思われる個体であった。一応、交尾をしているのだが、体格差があるためか、♀の方がイマイチ状況を良く把握していないようで、♂にはおかまいなしに、マイペースで移動をしつづけている。交尾器を差し込んでいる♂はそれに引きずられるように、必死に追随しているといった感じだ。必然的に♂は後ろ歩きにならざるを得ないので、かなり大変そうである

 それにしても、たまには夜更かしもしてみるものだ。普段、滅多に姿を見せない南仏産の交尾シーンを思いがけず目にすることが出来、大変嬉しい。昨晩も7匹フル出動で徘徊している所を目撃したし、ここ数日、南仏産ユーロオオクワ達の活動が俄に活発になってきているのかも知れない。

フランス産INDEXへ