2005.02.27(日) 
■産卵木交換
 材をセットしてから2ヶ月が経過したので、これを取出し、新しいものと交換することにした。
 取出した材を見てみると、前回とは異なり、そこそこ齧ってくれているようだ。左の写真は木口の様子だが、産卵痕とおぼしきものが随所に刻まれている。やはり固目の材よりは、柔らか目の材の方が適しているのであろうか?

 右の写真は再セット後のケージの様子。当初はシリア産同様に、昨日購入したカワラ材も投入しようかと考えていたのだが、比較的入手容易な南フランス産に使うよりは、他の入手困難で繁殖に失敗出来ない産地のものに使った方が良いかと考え、コナラ材一本で攻めることとした。柔らか目のコナラ材にはそこそこ産んでいる気配があるので、もう暫くはコナラ材で様子を見てみようと思う。

フランス産INDEXへ