2005.02.28(月) 
■1♂死亡
 チェコ産ユーロオオクワが無事羽化したり、残る幼虫も続々と蛹化する等、最近は慶事が続いていたが、新たに成虫になる虫がいれば、死ぬ虫もあるというのは世の理であろうか。今晩、南仏産ゲージを覗いてみると、小型の1♂が仰向けになって死んでいた。足掛かりとなる木片が周囲にある状態で死んでいたので、起きあがれずに衰弱して死んだというより、衰弱していたので起きあがれずにそのまま死んだようであった。

 この♂は恐らく、2/6に交尾をしていた個体であると思われる。同サイズの♂がもう一匹いるが、大顎の形状から多分間違いないと思う。交尾は非常に体力を消耗する行為であると聞くが、この個体もそれで体力を使い果たしてしまったのであろうか?
 交尾が成功しているならば、♀の体内には彼の遺伝子が残っている筈である。彼女が無事産卵し、彼の遺伝子を次の世代に渡してくれることを願うとしよう。

フランス産INDEXへ