2005.03.06(日) 
■1♀選別
 トルコ産の産卵木を再々セットするにあたり、1♀を選別して、別個に産卵セットを組み、これを簡易温室にて管理することにした(トルコ産2005.03.06参照)。これに合わせて南フランス産からも1♀を選別し、同じ環境下に置いてみることにした。

 南仏産は、材を柔らか目のものに交換した所、一本目の固目の材と比べれば、材を齧った痕跡が多く見受けられるようになったが、まだ割り出してはいないので、安心することは出来ない。そこで、トルコ産同様に、試しに1♀を「より暗く、静かな環境」に置いて、産卵に励んでもらうことにした。
 これが吉と出るか、凶と出るかは分からないが、まあ、一般的な方法ではあるし、気温や照度も現状よりは明らかに安定する筈なので、この方法でもそれなりに産んでくれるのではないかと期待している。

フランス産INDEXへ