2005.03.11(金) 
■訃報相次ぐ
 先月の1♂に続き、今日もまた1♂の死亡を確認した。
 死んだのは、購入時に既に弱っていたジェロームである(当初、家族の希望で一匹一匹に名前をつけていたが、結局識別出来ないという結論に至り、今は名前はつけていない)。

 購入以来、この個体だけは個別飼育してきた。栄養剤(ユンケル)をエサゼリーの上に垂らしたり、ティッシュに染み込ませたりして投与した所、一時はかなり元気を取り戻したように見えたものの、その後も弱ったり、勢いを盛りかえしたりを繰り返していた。そして本日様子を見てみた所、死んでいるのが確認された。

 写真を見ると分かるように、顎先は摩耗し、左後足のフセツもとれているので、元々越冬個体であったと思われる。成虫寿命1〜2年とされるユーロオオクワとしては長生きした方なのかも知れない。

フランス産INDEXへ