2005.04.07(木) 
■産卵セットから取り出し
 トルコ産、シリア産、イタリア産と共に、簡易温室の産卵セットに隔離していた南仏産1♀を、セット投入から一ヶ月が経過したので今日取り出し、飼育ケージへと戻した。
 取り出すついでに産卵木をチェックすると、他の3産地の個体と比べ、齧り方が甘いようだった。一応、材の切り口や胴に何ケ所か浅い齧り跡を認めることはできるが、この個体に関して言えば、簡易温室への隔離は余り効果はなかったようだ。

 他の産地の個体も今日取り出してみたが、トルコ産とシリア産は坑道のような、かなり深い穴を幾つか穿っており、イタリア産もそれよりは浅いものの、「穴」と呼んで差し支えない程度に深く材を齧っていた。
 浅かろうが深かろうが、ちゃんと産卵さえしてくれていれば問題は無いのであるが、個体によって(あるいは産地?)によって、齧り方に差が生じるのは興味深い。

フランス産INDEXへ